町家宿に生まれ変わった尾道の再生古民家。

先日、一風変わったある古民家に泊まってきました!
尾道の千光寺参詣路の傾斜地に建つ、その名も「せとうち湊のやど」。

短い滞在時間でしたが、
外観からは想像もつかないほどの、すばらしいリノベーションです。
古民家としての古き良き部分はそのままに現代建築の粋をうまく調和させ
何の違和感も感じさせない、懐かしさすら憶える空間に生まれ変わっています。
ベンチのある2階のバルコニーからは尾道水道と市街地も一望できます。

ある企業が尾道の町並み保存と活気ある町づくりをめざし、
点在する空き家を価値ある建築文化として後世に残すため
日本家屋の再生事業に、熱心に取り組んでるようです。

クリエイティブに携わる私としては、とても刺激になりました。
本当に新しいものを生み出すには「温故知新」が大切なのかもしれませんね。

「せとうち湊のやど」の詳細は
↓で。興味のある方はぜひどうぞ!
http://dlsetouchi.com/ でご予約もできますよ。

STAFF 田村 秀樹