Gmail広告の配信が開始

Gmailは、今や多くの人が使用しているツールですが、先月からネイティブGmail広告の配信が開始されました。

 ネイティブ広告とは、WEBコンテンツの中に自然に馴染んだ広告のことです。

例えばリスティング広告やfacebook広告もネイティブ広告に分類されると思います。

 リスティング広告は、検索結果の画面にまるで検索に引っかかったかのように見え、facebook広告は、タイムラインの中にまるで投稿のように表示され、どちらも見た目はコンテンツの中に馴染んでいます。

もちろん、広告だと分からなければステルスマーケティングの扱いになってしまうため、いずれも「広告」と明記されています。

 Yahoo!は、スマートフォンサイトTOPをタイムライン風にし、インフィード広告を配信しており、これもネイティブ広告へと分類されます。

 そしてネイティブGmail広告ですが、これはメールボックスにメールのような見え方で広告が配信される仕組みで、今までになかった新しいタイプのネイティブ広告と言えます。

もちろん、広告だと分かるようになっており、ユーザーがメールを開いた段階で課金されます。

Gmailは、「メイン」「ソーシャル」「プロモーション」の3つのタブに分かれており、このプロモーションタブの中へ配信されます。

gmail

ディスプレイネットワークと同様、配信するユーザーをターゲティングできます。

 弊社でもWEB広告の企画・配信代行を行っております。

STAFF 加藤真平